TEL 052-505-7535

〒452-0809 愛知県名古屋市西区花原町16-4

mozoより車で東に2分 徒歩10分

リハビリテーション

MOBILE SITE

当院は院内処方です。院外処方も対応しておりますのでお気軽にご相談ください

各種クレジットカードだけでなくナナコなどの電子マネーもご使用いただけます。

HOME»  リハビリテーション

リハビリテーションについて

リハビリテーションとは、病気や怪我などにより体の動きが悪くなり日常生活に支障をきたした人が、再び日常生活に復帰できるように手助けすることです。
骨折や関節の病気、強い痛みなどで体を動かせない人、神経の傷害で麻痺がある人などが対象になります。リハビリテーションの方法としては、動きにくくなった部分を自分で動かしたり、あるいは人の手で動かしたりする運動療法、患部を暖める温熱療法、電気刺激を与える低周波療法、首などを引っ張って整える牽引療法などといった理学療法(PT)や、日常生活の訓練をする作業療法(OT)、しゃべるのが不自由になった人のための言語聴覚療法(ST)などがあります。当院ではさらに、サポーターやコルセットなどで患部を安定させ痛みを和らげる装具療法、怪我などで失われた手足の代わりになる義肢の作製、痛みを和らげる薬物療法など様々な方法を適切に組み合わせて日常生活への復帰をサポートします。

ロコモティブシンドロームについて

ロコモティブシンドロームとは脚を中心とした運動器の障害のことです。
私たちの体を動かすのに必要な、筋肉・骨・軟骨・椎間板などの運動に関わる体のパーツを総称して運動器(うんどうき)と呼びます。運動器が衰え、「立つ」、「歩く」などの能力が低下してしまう状態が「ロコモティブシンドローム=ロコモ」です。この状態が進行すると日常生活に支障をきたし、進行すれば寝たきりの原因となり得ます。一度衰えた運動能力を再び取り戻すのは大変なことです。いつまでも自分の足で歩き続けていくためには、「ロコモ」を予防することが重要です。

こんな症状が思い当たることがありませんか?

  • 片足立ちで靴下がはけない
  • 家の中でつまづく
  • 階段を上がるときに手すりが必要
  • 1回の青信号で横断歩道を渡りきれない
  • 15分ぐらい続けて歩けない
  • 牛乳パック2本ぐらいの少し重い買い物をすると持ち帰るのが大変
  • 掃除機を使ったり布団を上げ下ろしするのが大変

一つでも当てはまればロコモの可能性があります。お気軽にご相談ください。

 
ページトップ